オンライン対話型講座 「調布 de SDGs」

Description

今の地域でできることからはじめよう 未来も地球で、暮らしていけるために

調布 de SDGsのロゴ画像国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成する行動計画として、2015年9月の国連サミットで採択された「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)」。世界全体の経済・環境・社会を包摂し、「個人」から、「団体」から、「地域」から、「国家」から起点となって行動できるように設定されています。

新型コロナウイルス感染症の拡大で改めて見つかった「世界の課題」の解決のために、2021年開催を予定している「2020東京大会」に向けて、「一人ひとりがいまできることは何か」を、対話を通して感じてみませんか?

【開催日時】
令和2年8月21日(金) 18:30~20:30
オンライン開催(Zoomを使用)

【タイムテーブル(予定)】
18:30~18:45 テーブル単位で自己紹介、チェックイン、アイスブレークなど
18:45~19:35 SDGsについて
19:35~19:50 グループでの対話
19:50~20:05 一人ひとりができるSDGs
20:05~20:20 グループでの対話
20:20~20:30 全体での対話・チェックアウト
※開始30分前(18:00)から講座を行うページをオープンしております。開始時間までログイン後の使用方法などサポートを行いますので、初めてのオンラインサービスの使用で操作方法などに不安のある方は、是非開始時間に余裕をもってログインください。
なお、入室(接続)時に必要なURLは、開催日前日までにメールでの送付を予定しております。

【定員】
30名(先着申し込み順、要申し込み)

【参加費】
2,000円
(注)高校生以下無料。イベント管理サービス「Peatix」を使用しての事前決済となります。

【申込方法】
「Peatix」にてお申し込みください。

【講師】

横山 泰治 (よこやま やすはる)
プロジェクト「From」代表/NPO法人ちょうふこどもネット 副理事長/「産官民学」共創コーチ

1974年東京都生まれ。小学校からボーイスカウトを続け大学生時代には隊長を務める。
高校3年時にカナダへの留学後、大学2年時に阪神淡路大震災にボランティア参加。
卒業後、留学カウンセラーとして3年勤務、1999 年に東京都調布市でNPO法人を設立。
2001年に調布市観光協会の事務局として、観光案内所設立や広報・ホームページ開設・運営を担当し、2002年から調布市花火大会実行委員会事務局を兼任、2004年の大河ドラマ「新選組!」まちおこし実行委員会の事務局を担当する。
その後もNPOと行政の協働事業を進め、2010年にNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」放映を機に、市内の若年者就労支援の一環として、市内の高校・大学生世代による観光案内所「ぬくもりステーション」運営を受託、現在に至る。
現在はITを活用した地域情報化や青少年健全育成・若年者就労支援のNPOで役員として活動しながら、NPOの設立運営、官民連携共創、SDGs推進のコーチ、講師、ファシリテーターとして全国で活動。日経BP課長塾®で講師を務める岸英光氏が統括責任者のコミュニケーショントレーニングネットワーク®でも講師として活動。

SDGs関連では2018年8月から、月1回以上の「市民向けSDGs講座」を現在も継続して実施。2018年10月に一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)に法人として入会後、2019年からは調布市議会の一般質問など自治体SDGs推進のための情報提供を行いつつ、2月にはC20(Civil20)サミット準備対面会合でグラフィックレコーダーとして参加。4月のC20(Civil20)東京サミットでも広報・グラフィックレコーダーとして参画。6月のG20大阪サミットでもC20代表メンバーの一員として、サミットに参加した。
宮城県石巻市の若者によるSDGs政策立案の支援などを行いつつ、現在はSDGsジャパンにおける地域ユニットの幹事メンバーとしてSDGsの達成を、多様な世代や環境の一般市民、一般社会人からのボトムアップで実現することをミッションに活動中。SDGsに関する講演、講座は、北は北海道から南な沖縄まで、分野も一部上場企業から商店会まで、小学生から高齢者まで、地方の数人単位から数百人規模まで幅広く行い、年間約150回の登壇。 参議院・衆議院会館での国会議員との意見交換会にも随時参加し、市民社会の中での、地域の一般市民からのボトムアップについて主に発言を担当している。
日本政府のSDGs実施指針改定における、「パブリックコメント」募集のガイド作成に参画時には、パブリックコメントの提出数が前年度比1.5倍となる。2020年5月に政府に提出された「SDGsボトムアップアクションプラン2020」では「パート1:SDGsの全体政策について」の編集とプレゼン資料作成を担当している。
●主な公的役職 :第3次調布市地域福祉計画策定委員、第3回調布市男女共同参画の推進に関する検討会検討委員 、
調布市市民活動支援センター 運営委員、調布市環境基本計画策定委員会委員(等多数)
●講座・講演先:自治体・公益団体:東京都及び東北を中心とした全国の市町村、社会福祉協議会など
教育機関:関東・東北の高校、大学、大学同窓会など(その他、行政・企業・公的機関多数)

【「SDGs ( エスディージーズ ) とは】
「Sustainable Development Goals ( 持続可能な開発目標 ) 」の略称。
国連加盟193カ国で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための行動計画です。経済、社会、環境をめぐる広範囲な課題で、地球上の「誰一人取り残さない社会」を誓い17のゴール・169のターゲットから構成されています。
詳細:国際連合広報センター「持続可能な開発目標(SDGs)とは」

【ちょうふこどもネットとは】
ちょうふこどもネットは「青少年の健全育成」をミッションに掲げている団体です。
主な活動は、中・高校生世代を対象とした児童館「調布市青少年ステーション(通称:CAPS)」の運営、観光案内所ぬくもりステーションの運営、宮城県石巻市と調布市の若者をつなぎ、細く長く継続できる復興支援活動としての「復興の未来へ行こう!ワカモノプロジェクト」を行っています。
ちょうふこどもネット ホームページ
Fri Aug 21, 2020
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 ¥2,000
高校生以下(無料)

Combini / ATM payment will be closed at the end of Aug 20, 2020.

Organizer
ちょうふこどもネット SDGs講座
1 Follower

[PR] Recommended information